one☆ness in yakushima

onenessry.exblog.jp ブログトップ

羽神の滝

おととい、久しぶりに羽神の滝に行ってきました。
かなり久しぶりなので、道が分かるかどうか…?不安でしたが。
最初迷いながらでしたが、なんとか大丈夫でした。

一度、軽く山で道に迷ってから、トラウマで、以前より山が怖くなってしまいました・・・。
そのくらいでいいのかもしれませんが。

この日は、友達のMちゃんが、どうしても行きたい!という事でご案内を。
久しぶりの自然はやっぱり気持ちがいいです。
この日は、PM2.5が結構ひどかったのですが、森の中はそこまで感じないものですね。

30分ほどで、滝に到着。

美しく、なが~い滝。
f0071844_1620293.jpg


水量が少ないので、細~く流れていました。

f0071844_16214045.jpg



相変わらず、女神様のような、やさしくやわらかい感じがします。
f0071844_16221947.jpg


ここは、屋久島の中でも、一番(?)と言っていいほど、女性的な場所です。

Mちゃんも、初めての屋久島の感覚を喜んでいました。

そして、まだ、冷たそうだけど、入りたいっ!!
という衝動にかられ、滝に入りました。
意外と、冷たくなく、気持ちがいいっ。
ス~~~ッキリしました。
体と心の中に抱えていた何かが、す~っとなくなる感じがしました。
これなんですよね~!
川ってすごいです。
いつも、こうやって助けられています。

お弁当を食べて、しばらくの~んびりしました。

森から出たら、二人ともなんだか、体が重いね、って思いました。
あそこは夢の世界なのだろうか・・・?

身体が冷えた感があったので、すぐに近くのゆのこの湯に行って、温泉に入りました。
なんて、贅沢なんでしょうね~。
川に行って、すぐに温泉に入れるなんて!!

それで、温まったつもりでしたが・・・。

夜に、調子にのって、最近飲まなくなったビールを飲んでみたら、身体がゾクゾクし出して・・・。
調子の悪かった足の付け根もキンキン痛み出しました。
そして、いきなり38度の熱が!!

これって、冷えとりの症状なんです。
川に入ったときに、体がそうとう冷えたのでしょう。
そして、追い打ちでビールを飲んでしまったので、すぐに体を温めないと~!って
熱がでちゃいました。
足浴をして、ぶるぶる震えながら寝ました。
翌日は、すぐに2時間半身浴をしたら、36度まで熱が下がりました。
冷えとりでは、熱があっても半身浴をして寝ると、熱が下がるって言っています。
本当に、下がった~。

すごいな~、冷えとり。
身体が感じる、不調や冷えを、すこしづつためていくと、それが大きくなってやっと
症状として現れます。
だけと、その時は、もう病気になってしまっています。
冷えとりは、その都度、その時に、体の外にだそうとしてくれます。
だから、私も以前より、不調な時が多くなっています。
だけど、一日二日、毒を出すのに我慢して身体を温めれば、すぐに回復に向かうから、
焦らず、ゆっくり、無理をしない、って思えます。

普段から忙しくしないようにしている、私には、これが合っているな~、って思います。

これからも、ゆっくり、自分の体をケアしていこうっと。
[PR]
# by one_ness | 2013-05-24 16:43 | 屋久島海・川

冬を乗り越えた!

今年も早いもので、もう3か月が経とうとしています・・・。

なんとか、屋久島の冬を乗り越えました!!
この時期、本当に大変なのです。。。
冬はどこにいてもそうなのでしょうが、島の冬は、なんとも言えない閉鎖感があります。
「辛いけど、ここから出れない!」という感覚ですか。。。
陸続きにどこまでもすぐに行ける、っていう現実と、どこかに行きたいけどすぐには出れない、って
いう現実と、こんなにも違うのかと。
毎年少しずつ慣れてはきていますが、まだまだです。

去年の秋から、なんとなくもどかしく、行き詰った感がありました。
特に、自分に今与えられている現実に感謝出来なくなってしまった事。。。
最高だと思っていた事が、色あせてしまって、写真や絵画をみるように静止した画面のように
なってしまいました。
どう気持ちを変えようと思っても変わらず、むりやり感謝するなんて出来ないし。
変化を起こしてみて、現実を変えてみたけど、良いような気がしていたのはその時だけでした。
季節とか天気とか、運勢とか、色々な事が重なってこうなってしまっているんだろう、と思って、
もう、嫌なものは仕方ない・・・その気持ちを否定せず、どっぷりつかっていました。
まあ、他人には迷惑かけないようにしつつ。

そんな時、友達の勧めで、冷えとりを始めてみました。
絹と綿の靴下を重ね履きし、足元を温める療法です。
以前から知ってはいましたが、屋久島は暖かいのでいらないだろう、と思っていましたし。
だけど、びっくりです!!
絹と綿の靴下を重ね履きしたその日に、胸が苦しくなり、胃が圧迫され、食事があまり摂れなくなりました。
結局、そのままほとんど食べないで過ごすようになり、口内炎が出来たり、変な吹き出物、不正出血、
など色々出ました。
めんげんという体の毒素が出る症状(好転反応)が、てきめんに出ました。
どうも、私は食べ過ぎだったらしく、ストレスなどで冬の間に食べていた物を一旦体の外に出すために、
身体が食べ物を入れない、という行為に出たようです。
以前からあった、ももの付け根の痛みも、食べ過ぎによるものでした。
以前はビール1本程度でしたが、お酒も飲んでいました。
それも、全く受け付けなくなり、たまにいいだろう、と思って飲むと気持ちが悪くなりました。

そして、なによりも心の冷えがなくなりました。
心が冷えていると、体を冷やすものを食べたくなったり、お酒をのみたくなったりするのだそうです。
そう考えるとすべてが納得する事ばかりです。
冬は寒さで、気持ちも落ち込みますから、沢山食べたくなり、お酒も欲しくなります。
これ、毎年同じでした。
物欲もすごくなっていたような気がします。
でも、冷えとりを始めて、全ての欲がピタっと止みました。

最初の頃、3日間連続で猛烈な悪夢もみて、いったいなんだんだ?と思って調べると、
これも心の冷えが出てきている症状のようです。

そして、だんだん、心が落ち着いてきました。

まだ2か月しか経っていませんが、しばらく余計な物は食べれない状況だったので、自然に体重も
減り、身体も軽く、体力も落ちていません。
でも見た目には分からないようです、ゲッソリする感じには不思議となりません。

一度、ほんの少しですが、甘いものを食べたり、お酒も少しだけ飲んだら、その日に胃が絞られる
ように痛くなり、上から下から全部体の中のものが出ました。
かなり辛く、びっくりでしたが、体の毒が全部出て、ス~~ッキリしました。
だから、今は、余計な物を摂ると、すぐに体の外に出そうとするようになったみたいです。
食事を本当に気を付けていかないといけないな~、って思っています。
だからと言って、ストイックにこれはダメとか、そんな考えにはなりたくないので、食べたいものがあれば
食べて、後で食事を抜くとか、調整すればいいそう。

今は、欲にかられることもなく、イライラすることもなく、
自分の体の事をいつも一番に考えて、体と心と向き合って、まるで会話しながら生活
しているような感じがしています。

生活がしっかりしていて、シンプルで、穏やかであれば、あとは、どんな事でも上手にこなして
いけるような気がしています。

欲も減り、買わなくてはならないものがかなり減ったし、食事も少なめになって、今までより
出費も減りました。
今まで、いったい、どんな余計な物を買っていたんだろう?って不思議です。
出費が減った分、質のいい物を身に着けたり、食べたりしたいな~って思えるようになりました。
自然食とか質のいい物って高いから、お金持ちしかできないよね?って思っていたけど、
生活の仕方一つで、変えられるんですね~。

感謝の気持ちも、また出てきました。
やっぱり、無理やり感謝なんて出来ないのです。
そういう気持ちは沸いて出てくるものなのですね。
以前より、倍増しているような気がします。

靴下ひとつで、こんなにも考え方や生活が変わるんだな~、って感じです。
幸せは、どこに転がっているかわかりませんね!

これからは、生活を楽しみたいと思っています。

ちなみに、冷えとりは、もう巷では大流行なので、御存じかと思いますが、
理念としましては、
・靴下を最低4枚重ね履きする(絹と綿100%)
 足元の冷えを取る事
・食事は腹八分、よく噛んで食べる
・半身浴を最低20分(足湯でも)
・自分本位の考え方を捨て、心を穏やかに・・・

他にもありますが、おおまかにはこんな感じです。
[PR]
# by one_ness | 2013-03-31 14:51 | ひとりごと

冬休み

1月9日から1月24日まで、冬休みを取りました。

今年は、東京と、実家の秋田へ帰省してきました。
そして、買い物をしたり、映画をみたり、美味しいものを食べたり。。。
屋久島では、出来ない事を、思う存分楽しんできました~。

屋久島での生活ももう6年半・・・
見るものや感じることが新鮮ではなくなってきています。
今回は、しばらく島を離れて、屋久島に帰ってきたときの感覚が、
今までとは違いました。
「普通」でした・・・。
今までは、「あ~、屋久島に帰ってきた~」と感動していたんだけど、
もう、当たり前になってしまっています。
これから、どうやってここで生活していくのか・・・変わっていかないといけないな~、
と感じています。
どう、変わっていくか・・・今は模索中なので、焦らず、ゆっくりいこうかな~。

東京では、なつかしい友人にあって、買い物三昧!!
ここで、これをしないと、屋久島で1年楽しく過ごせませんっ!
欲がなくなって屋久島に来て、その後何年かは、本当にそういう生活をしてきて、
満足してきたけど、やっぱり、反対の生活も知っているので。。。
ダメですね~。
弱いな~、って思う部分もあるけど、
不思議なもので、どんどん不要なものがなくなっていくと、そこにまた毒を入れたくなるんですね。
そして、またその毒を省こうとする努力をして・・・。
それが、人間らしさなのかな、って今は思います。

帰省の途中、秋田の鶴の湯温泉に行ってきました。
東京の友達が、わざわざ遠い所まで一緒に来てくれました。

雪がすごいです。
背丈ほども積もっていました。
でも、ここまで積もってくれた方が、暖かい気持ちになれるし、ものすごく綺麗です!!
雪があると、太陽がなくても、とっても明るいんです。

この辺りは、冬は雪が積もるのが当たり前なので、このくらいの雪は問題ないようです。
バス等の交通機関もほぼ大丈夫なようです。
中途半端な雪国よりも、こっちに来てしまった方が楽かもしれません。

乳頭温泉峡の鶴の湯温泉に宿泊しました。

f0071844_15201268.jpg

予約でいっぱいで、何か月か前に予約しましたが、ほぼいっぱいでした。
キャンセル待ちで、なんとか、この本陣という昔ながらの雰囲気のお部屋が取れました。

f0071844_15203637.jpg


この囲炉裏で、お魚を焼いたり、名物の山の芋鍋を頂きます。
この山の芋、ねっとりと固く、すった状態で鍋に入れると、団子状になります。
ふわふわでとってもおいしいのです~!
f0071844_1523656.jpg


この奥に混浴露店風呂があります。
風情があります~。
f0071844_15235940.jpg

秋の露天風呂の様子
f0071844_15273015.jpg


女性の露天風呂はこの奥。
乳白色の濃いお湯です。
f0071844_15275052.jpg


この温泉には、もう4~5回来ています。
日本で一番好きな温泉です!
夏に来たこともありましたが、雪もなく自由に歩き回れるし、自然も堪能できます。
でも、やっぱりこの雪景色を見ながら温泉に入るのが、一番好きです。
冬は、スキーなどをしない場合は、温泉しかありませんが、それで十分なのです。
そして、この付近はブナ林が広がっていて、雪との愛称が抜群です。

f0071844_15153053.jpg


乳頭温泉郷は、他にも妙の湯や、蟹場温泉、大釜温泉など5~6個の温泉が近くに
あります。
それら全てが、お湯や雰囲気が違って楽しいです。
3年前から湯めぐり帳というのが出来て、1500円ですべてのお風呂入り放題、
移動のバスも無料で乗れるので、大変便利になりました。
湯めぐり帳は1年間有効のようです。

鶴の湯でも温泉に入りまくり、おいしい食事とで、体がどんどん楽になっていくのを感じました。

喫茶店からの雪景色です。
f0071844_15373265.jpg


翌日は、湯めぐり帳で色々な温泉に行きました。
二番目に好きな妙の湯温泉だけ、清掃日で入れませんでした~。。。
調べておけばよかった~。

そして、田沢湖高原近くの水沢温泉に行きました。
こlこは、お湯が豊富で良く、有名なのだとか。
初めて行きましたが、素晴らしかったです。
お湯がじんじん体にしみてくる、力強い感じでした。

友達とは、ここでお別れ。

私は、実家に向かいました。
しかし、今回は、本当に寒かったです。
1週間いた中で、太陽が見えたのが一日だけ・・・。
最高気温もほぼ氷点下だったので、最終日に最高気温が2~3度あった日は、
なんて暖かいいい日なんだろう~!っと本気で喜んでいました。
寒い時は、部屋から出るのもおっくうで、何もしたくありません。
雪かきも朝から2~3時間かけてやっているし・・・。
雪国の生活は本当に大変だな~、って思います。
そして、また思ったのは・・・ここではもう生きていけないな~、って事ですね~。
屋久島で、ぬくぬくと生活しているので、もう体がついていけません。
後半は、きっと寒さからでしょう、本当に具合が悪くなりましたもの。

あ~、本当に大変・・・。
そして、雪国で暮らしている人を尊敬しますね、すごい精神力だと思います。

最後の日にやっと姿が現れた、家から見える鳥海山。
f0071844_15471022.jpg

なんか、カッチカチですね・・・。
不思議な雰囲気の、やわらかい女性的な山です。
やっぱりいいな~。

夕方、真っ白になりました。
f0071844_15481372.jpg


少しづつ、家族とのクリーニングも進んでいるように思いました。
屋久島にいる間も、毎日家族と家と土地のクリーニングをしているので、
家も土地も気づいているようでした。
普段いない私を歓迎してくれました。
ありがたい事です。
やはり、物にも意識があるのだと思います。
大切にしていきたいと思います。

そして、毎年、少しでもいいから前進していきたいものです。
[PR]
# by one_ness | 2013-02-04 16:00 | 旅行記

出雲大社・厳島神社

11月28日から12月2日まで、出雲大社と厳島神社に行ってきました。

11月28日は、とりあえず福岡まで行き、ゲストハウスに宿泊。

11月29日、8時頃の新幹線と山口からスーパーおきに乗り換え出雲へ。
このスーパーおき、特急なのに2両しかなく、けっこう停まりますので、なんだか疲れました・・・。
やはり、屋久島から出雲は遠いのでした。。。

昼ごろ、出雲市駅へ到着。
ひょんな事から仲良くなったYさんが岡山から車で来てくれました!
久しぶりの再会~!こんな遠いところまで来てくれて、なんともうれしい事です。

まずは、出雲大社へ。
7年前に来たときは、神在際の前で、神様が不在のような・・・なにもいない!って感覚があって、
がっかりしたんですが、今回は、神様いらっしゃいました!
それも、たくさんいる~~~!!って感じ。
それに、お祭りムードで、ほんわかと幸せな雰囲気でいっぱいでした。
二人でテンションが上がってしまい、もう癒されちゃったって感じです。
あ~~来てよかった~!と連発していました。
すごいな~!お祭りは雰囲気が全然違うんですね~。

神在祭、神無月の1週間くらい、ずっと日本中からいらっしゃった神様と大国主大神の祭事が
行われています。
この日は、夕方からお神楽があったので参加しました。
神様ムードがムンムンです。
すごい沢山の人がきていました~!何百人いるの??
全員の名前を読み上げて、最後にお守り、お札、お米などたくさん頂くのです。
すごい御利益がありそうな気がします。

11月29日 10時から神在祭が行われます。
この日は、縁結大祭も行われます。
私たちは、早とちりしてしまい、前日のお神楽で縁結びをして頂いたので、この日の縁結大祭
に参加するのはやめました。
なんでも、出雲大社の縁結びが女性達の間で流行っているので、3年前から、この縁結大祭を
始めたのだそうです。
お祭り期間に2回行われるのですが、初日は事前申し込みだけで1000人、それに当日申込み
が何百人と参加されたそうです。
すごい人の数ですね~。
でも、人がこうやって訪れるって事が、神社の活性化にもつながるのでしょう。
沢山の若い女の子がいて、神社の気も良くなっているようでした。
女性のエネルギーっていいですね、明るい!!

神事の始まり。
f0071844_18372315.jpg


縁結びって恋愛だけではなく、全ての縁を結んでいただくって事なので、とても現実的で
温かい感じがしました。
みんな幸せそうな顔をしていて、いい神社だな~って思います。

その後、稲佐の浜へ。
この海の波にのって、八百万の神様がこの浜に着かれるのだそう。
ほんとうに、神様が現れそうな、昔から何も変わっていないような感じがしてしまう、
不思議な浜です。
神話が、そのまま残っているかのようです。
f0071844_18445157.jpg


f0071844_18453585.jpg


次に、須佐神社へ。
スサノオ神が祭られています。
とても、ビッシっとした上に伸びていく剣のような、力強い感じがします。
まっすぐに上に伸びるご神木。
f0071844_1848593.jpg


次に、日御碕神社へ。
海のすぐそばの、妖艶な雰囲気の美しい神社です。

こちらもスサノオ神を祭っているお社。
f0071844_18511452.jpg

なんだか、龍のようです。

夕方4時から神送祭が行われました。
またまた、出雲大社へ。
今回何度来たのだろう・・・。
何度来ても、気持ちが安らぎ、まるで誰かのヒーリングでも受けたかのような、軽やかな
気持ちになっていくのです。

神様をお送りすべく、祭典が行われていましたが、
頭をさげていたのでよく分からなかったのですが、途中神様にふんする宮司さん方が走り回って
いたような気がします。
そして、雲にのってまた天の世界へと帰っていくのだそうです。

すごいな~~!!
このような幻想の世界を、ずっと信じて守り抜いてきている日本人って素晴らしいな~って思います。
本当に、そのような事があるような気がしてなりませんし、そういう意識が重なって、
それが現実味を帯びてくるのでしょうね。
このような事は、絶対なくなってほしくないですね。
信じ続けていきたいものです。

Yさんとは、出雲でお別れ。
ありがとうYさん、本当に楽しかった♪

出雲から高速バスで広島へ移動。
この高速バスも、ほとんど下の道?を通っていたような・・・。
なが~く感じました。
不便ってなんだか懐かしいですね~。

広島駅近くのゲストハウスへ。
Hana Hostelへ。
ここかなり良かったです!
すごくきれいで、親切で、布団も気持ちよかったし。

12月1日

広島滞在は今日の夕方まで。
目的は厳島神社でしたが、やっぱり原爆ドームと平和記念公園へ行ってきました。
ここまで来て、行かないわけにはいかない・・・また今度って、ないかもしれないと思って。
f0071844_195788.jpg


私には、何も言うことは出来ません。
涙が出そうになりました。
長崎とはちょっと違う感じがしました。
無くなった方の数が、広島の方がはるかに多かったと聞きました。
人って、なんて愚かなのでしょう・・・。

そして、自分との記憶をクリーニングしました。

そして、宮島へ移動。

すばらしいです!!
f0071844_1991188.jpg


曇りだったけど、お宮に着いたとたんに光が差しました。
f0071844_1994374.jpg


お美しいです。
あ~、ここは弁天様がいらっしゃるんだ・・・。
忘れていました。
弁天様がいらっしゃる厳島神社にいつか行ってみたい!と前に思っていました。
その事を忘れていたので、思わぬ大好きな人に会えた気分で、とても嬉しかった。
女性の神様は心が落ち着きますね。
なんとも言えない、おやさしい雰囲気と軽やかさを感じます。

観光客はかなりいましたが、人の気配など全く関係ない!って感じ。
すごく完成された所です。

ちょうどもみじの紅葉の季節でした。

f0071844_1914516.jpg


日本ってなんて美しく、素晴らしい国なんだろう。。。
そう思えた旅でした。
それだけで、心が豊かにほっこりしてきます。

ありがたい、本当にありがたい事です。

最近、自分の今与えられている現実に「感謝」出来なくなっていました。。。
自分で望んだ事以上の素晴らしいものを与えてもらったのに・・・
ある人に相談したら「それは怒りのエネルギーだから、怒りのエネルギーが起こっている時は
自分の何かを変えたいと思っているってこと。だから、何を変えたいと思っているのかを
考えなくてはならない」と言われました。

そういえば、屋久島に来た時も、職を変えたときも、大きな変化の時は、その前に怒りがあった。
そして、たえられなくなって「変わりたい!」って願ったときに、奇跡のような事が起こったりした。

それは、次へ進むステップだった。

そうだ。。。そういえば、今やっている事も慣れなれになってきて、変わりたくなってきていたんだ。
それを、人や状況の性にしていた。
ずるい事だ。。。
目が覚めた。
全部、自分の事だった。
自分が変わりたい・・・でも変われない・・・。
「ごめんなさい」って思った。
そして、無理やり感謝しようとするのではなく、「変わるんだ!」って思った。
そしたら、周りが動き始めた。
そして、小さな変化だけど、起こり始めた。
変化は怖いから、変わりたくてもなかなか変われない。
でも、だめなんだ。。。ずっと一緒じゃだめなんだ。。。
もう、何かにおまかせするしかないな。
そして、その何かに「ありがとう」って言うしかない。

そして、また感謝の気持ちが湧き上がってきた。
良かった!!
色んな人や出来事に「ありがとう」。
[PR]
# by one_ness | 2012-12-04 19:30 | 旅行記

石川県 白山

9/15~9/21 少し遅い夏休みを取りました。

ずっと、行きたかった、石川県の白山へ。
白山ひめ神社は、毎年行っていますが、奥宮のある山に登るのは初めてです。
屋久島は、夏が忙しいので、夏は屋久島にいる!って思いこんでいました。。。
夏は、外には出れないから、行きたいところも我慢!!って。

でも、今年はその殻を破りました。
行けないと思っていた所にいける。
その、経験が出来た、って事がまず第一の自分の進歩かな。

それでも、わざわざ島を出て、ただ好きな山に登りに行くって、かなりの冒険ですし、
贅沢ですよね~。

色々、乗り継いで、やっと、麓まで行きました。
朝に屋久島を出て、夕方にやっと着きました。

富山に住んでいるEちゃんと、8年ぶりの再会のErちゃんと会いました。
今回は、Eちゃんとその知り合いのメンバーに入れてもらいました。
なので、ほとんど知らない人と一緒に登るのです。
これも、普段は絶対しない事なのです。。。

麓の宿に3人で泊まって、翌日にその知らない人達を会いました。
30代~60代までの、男女も混合、てんでバラバラの顔ぶれでした。
でも、このメンバーのバランスが素晴らしかった~~。
みんなが、全然違うって、実はまとまるんですね~。


一日目は、天気は快晴!!
そんなにきつくもなく、ワクワク、楽しい登山になりました。
山小屋まで片道5~6時間?だったかな~。
なんでか、ず~っと笑っていたような気がします。
超天然ボケのErちゃんが、妙な事を言い出して、それに誰かがわけの
分からない回答をして、それにまたツッコム!みたいな・・・。
なんか、こんな楽な感覚は久しぶりで、とっても楽しかったな~。
お陰で、辛い思いもせずに、山小屋まで行けました。

白樺の木が女性的で綺麗。
f0071844_18382776.jpg


途中の景色。
f0071844_18485348.jpg


太陽。
f0071844_18493891.jpg

山小屋についたころには、ガスで視界が悪く、山頂へ行くのを断念。
屋久島以外の山小屋は素晴らしいですね~。
ご飯もあるし、寝床も布団もある。
こんなに、ありがたい事はないですよ~。
普通の人にしてみれば、これが不便なんでしょうが・・・。

夜中には、台風の影響で、大雨、嵐っぽくなってきました・・・。
結局、翌朝の山頂での朝日も断念。
大嵐の中の下山になりました。

耐えて、耐えて・・・途中でErちゃんが道から滑落する、っていう大ハプニングもありながら、
メンバーの絆は深くなっていく??みたいな感じ・・・。

なんか、色々あったな~、笑いと、事件と、救助と、そして滑落したばずのErちゃん、
興奮してアドレナリンが出すぎて、飛ばしまくっていました。。。
もう、ボッケボケですよ~。
でも、おかげで楽しかったな~。

昼過ぎには、登山口に着きました。
下は晴れていた~。

それにしても、山頂まで行けてない、残念な結果なのに、みんな心は晴れ晴れとしている
ようでした。
そんな事よりも、おかしな事がいっぱいで、その印象の方が残ってしまいました。

そして、また白山に来なくてはならないな~、と思うのでした。

下山後、白山ひめ神社へ行きました。
無事に全員で下山できた事のお礼をしました。

びっくりした事が!
神社の境内の磐座が裏から見ると、屋久島の太忠岳の天柱石の裏側にそっくりなんです。
f0071844_1905394.jpg

また、みつけた。
屋久島に似たもの。
日本のいたる所に、屋久島のエネルギーが点在しています。
屋久島は、それらが集結したような、宝箱のような場所。

だから、白山のエネルギーがすきなのかな~?
結局、屋久島が一番好きなんですよね~。
いつも他の場所でも、屋久島みたいな場所を探しているような気がします。

白山の登山道には、白や薄い緑や、桃色のようなつるんとした丸い石がたくさん転がって
いるんです。
その石達がきれいで、きれいで。
それだけで、歩いているのがとっても楽しかった。
確か、白山が出来た時、海底が隆起して、海の底の石が上がってきたみたいです。
屋久島と同じなんだよな~。
屋久島の森も、海の中にあるような白い半透明のきれいな石が転がっているんです。
山の中なのに、石をみただけで水を感じる。
海の中を歩いているようで、とっても気持ちがいいんだよね~。

そして、私の生まれ育った家から見える、秋田の鳥海山も、みていると海を眺めている
ような気分になるんです。
f0071844_1981033.jpg

険しい山っていうより、海を眺めて心が安らかになっていく感じ。
不思議な感覚です。
それが、私が生まれてから、ずっと見てきた風景だから。
だから、その感覚を求めて、他の場所を旅しているのかもしません。
結局は、故郷・・・なんですね。

そういう事だったのか・・・。

そして、今は屋久島が現実で、そこでの出来事に、どっぷり浸かりすぎていた事に気づかされました。
もっと、気楽に、楽しみながらやっていこう!と思いました。

最近、ある人とのしがらみが、やっと切れた所です。
今は、何も心に抱えているものがない状態です。
でも、やっと、・・・ですよ。
長かったな~。
生きている以上、またしがらみが始まるんだろう。
人生ってほとんどが、誰かとのしがらみにはまっていて、そうじゃない時って短いんじゃ
ないだろうか。
そんなもんだよな・・・最近やっとそう思えてきました。


今は、このほんのひと時の幸せな瞬間を、大切に過ごしたいと思います。
[PR]
# by one_ness | 2012-10-01 19:20 | 旅行記

最近の

気が付けば、こんなに月日が経っていました・・・。

最近は、色々と忙しかったな~。

だけど、全てがまあるくおさまっているような気がします。

細かい事は色々あるけれど、その細かい事のおかげで、角が取れていっているような気がします。

7月5日は、今年初の川に入りました~。
蛇之口滝へ行ってきました。

f0071844_1124975.jpg


今年は梅雨がなかなか明けないので、まだスッキリしませんが、水温もなんとか大丈夫!
久しぶりの水の感触がたまりませんっ!!
気持ちいい~~~♪

先日の、家から見えた、モッチョムの向こうの虹。
f0071844_1133474.jpg


そして、育てている植物もなんとか収穫できました。

キュウリ
f0071844_11252431.jpg

でも、この後、急に枯れました。
屋久島の梅雨は恐るべしです・・・。

ミニトマト
f0071844_1126123.jpg

この後、たくさん収穫できました。

トマト
f0071844_11263385.jpg

今まで食べた中で、一番おいしかったかも~。

枝豆
f0071844_1127946.jpg

種から、芽が出てきました。
上にまっすぐ伸びようとしている姿が愛おしい・・・

他にも、ゴーヤ、ピーマン、水菜やルッコラの葉物色々やっています。
おかげで、春は虫との戦いで忙しかったのです・・・。
趣味での畑は、時間のある人しかできないな~、とつくづく思いました。

梅酒。
f0071844_11295072.jpg


酵素ジュース作成中。
f0071844_11302744.jpg


気が付けば、色々やっていました。

植物や、お花たちと、一緒に前に進んでいるんだな~。。。
[PR]
# by one_ness | 2012-07-10 11:33 | ひとりごと

金環日食から

21日は、金環日食でした。

福岡の友達Mちゃんが遊びに来ていました。
天候が悪かったので、不安でしたが、見れました!!

f0071844_1681422.jpg


ちょっとブレてしまいました・・・。

屋久島はこの頃、天候かなり不安定で、強風、雨、などで、おかしな事になっていました。
屋久島っていつもそうです。
特別な日は、いつも、天気が大げさ(?)です。
だけど、空気はピカピカで、反対側には綺麗な虹が出ていました。

f0071844_16103668.jpg

ここはどこ?って感じです。

そして、日食グラスを使わないで、そのまま撮った日食の写真。
f0071844_16113850.jpg


やっぱり、屋久島っておかしいな~。変な所です・・・。

翌日は、Mちゃんのリクエストで石塚山に行ってきました。
天気は、かなり悪かった・・・だから辞めようと思ったけど・・・
時間がかかったけど、なんとか行けました。

祠。
f0071844_1615067.jpg


鳥居。
f0071844_16153839.jpg


やっぱり、素晴らしいです。
特別な場所です。
初めてのMちゃんは、かなり感動していました。

いつも、屋久島での旅を見守って頂いていることに感謝の言葉を伝えました。

帰り道、白いお花が落ちていて、とてもきれいでした。
お花の道。
f0071844_16174169.jpg


その日は、ほたるを見に行ったり、平内海中温泉に行ったり、Mちゃんとの時間を楽しみました。

最終日、最後に田代川に行きたい、という事で、私も久しぶりに行ってきました。
f0071844_16192449.jpg


もう、本当に綺麗です。
エメラルドのような、深い青緑色が、なんとも言えません。

Mちゃんは、去年3か月屋久島にいて、屋久島の虜になっているようです。
どこに行っても、晴れてても、雨でも、嵐のような天気でも、全てを喜んでくれるのです。
だから、屋久島は彼女に、最高の景色を見せてくれます。
一緒にいると、私も楽しくなります。
「屋久島が大好き!」って言うと、本当に屋久島はそれをそのまま返してくれます。
「屋久島がきらい」って言うと、それもそのまま返してくれます。
本当に、分かりやすい、正直な島だな~、って思います。

私も、まだまだ、屋久島が大好きなんだな~・・・。
[PR]
# by one_ness | 2012-05-24 16:25 | ひとりごと

長崎に行ってきました

4/14~4/19まで島を出て、福岡・長崎へ行ってきました。

4月14日
福岡の友達に会いに行きました。
去年の夏、屋久島で出会って、仲良しになったMちゃんと久しぶりの再会です。
博多ラーメンに連れて行ってもらいました。
ナンバーワンというお店です。

f0071844_1582644.jpg


いかにも博多ラーメン!という感じのこってり味でした。
話に夢中になって、味は半分くらい覚えてない・・・。でもとってもおいしかったです。
福岡の人は、あまり博多ラーメンを食べないそうです。

4月15日

福岡からバスで長崎へ。
神奈川にいる友達と、長崎の諫早で待ち合わせです。
場所がよくわからなかったけど、レンタカーを借りて、諫早のマックまで来てくれました。
しかし、変な所で待ち合わせだな~…。

諫早はうなぎが有名なそうで。
北御門というお店に行ってきました。
f0071844_1512586.jpg

せいろで蒸したウナギがやわらかくてとっても美味しかった~!!

この日は、雲仙普賢岳の福田屋に宿泊します。

f0071844_15131580.jpg

最近リニューアルしたばかりで、おしゃれでかなりいい雰囲気でした。
ちょっとした、さりげない心配りがすばらしかったです。

特典がたくさんついているコースだったので、ロールケーキ、ilyのコーヒー、コーヒー牛乳、
卵かけごはんのお醤油、貸切風呂無料、など、楽しい事が盛りだくさんでした。

お部屋
f0071844_15165242.jpg


貸切風呂
f0071844_15163130.jpg


食事もおいしく、お風呂も全部が源泉かけ流し、乳白色の温泉らしいお湯です。
この旅館はかなりのヒットです。
従業員の接客も素晴らしく、パーフェクトでした。
こんなお宿はなかなかないですよ~。
次も行ったら、必ず福田屋に泊まりますっ!!

近くには地獄谷があります。

f0071844_1520461.jpg



4月16日

宿を出る時に、車のキーにお守りがついていました。
そして、ポケットには飴が!!
何も言わずに、さりげない心配りに感謝。。。

雲仙普賢岳に行きました。
妙見岳という手前の山の頂上までケーブルで行けます。

普賢岳とその奥に以前の噴火で出来た、平成新山。
f0071844_1522395.jpg

すごい事ですよね~。
噴火で出来た、新しい山は、今までの地層とも色が違います。
地球は、変わっていくんですね。
生きているんだな~、と感じます。

妙見岳の神社
f0071844_15234286.jpg


頂上からの眺め
f0071844_1643951.jpg


山好きの私も、今回は山に慣れない友達と一緒なので、普賢岳頂上には登りませんでした。
静かにしていると、やさしい波動と、鳥が気持ちよく鳴いていて、まるで天国のような所でした。
また訪れたいと思える素晴らしい山でした。

口之津へイルカウォッチングに行きました。
島原半島の南端から船で1時間~1時間半。
最初、全く現れず・・・とうとう熊本沖まで行きました。
そしたら、最後に沢山のイルカが現れました!

写真はうまく撮れませんでしたが・・・

f0071844_15314451.jpg

f0071844_15315971.jpg


もっと、もっと、群れで沢山いました。
イルカってなんなんでしょう。。。見れただけで、かなりテンションがあがりますよね~。

4月17日
長崎へ移動。
まずは、ちゃんぽん!!
思案橋の天天有へ。

f0071844_1535632.jpg


こってりでかなり美味しかったです。

外国人居住地だったグラバー園や、大浦天主堂や、海の近くベイエリアなど、外国の雰囲気
を味わいながら過ごしました~。
屋久島にいると、そういう、外の物?外国の雰囲気なんて、全然ないので、最近飢えていたんです。
もともとヨーロッパの雰囲気が肌に合うので、このところ、感じたくてたまらなかった。。。
長崎は一気に私の夢をかなえてくれました。

f0071844_15402037.jpg

f0071844_15403362.jpg


夜は、稲佐山の夜景も見ながら入れる、日帰り温泉ふくの湯へ。
長崎駅から送迎バスが出ているので便利です。
炭酸風呂など、珍しいお風呂もあり、施設もきれいて、夜景も最高でした。

4月18日

平和記念公園へ行ってきました。
今までは、見たくないものは見ない、って思っていたけど、今回はちゃんと現実を見なくては、
と思っていました。
そういう場所に行ったら、何か、もらってしまうのではないか・・・とか、そういう事も怖かったのですが。
今回は、自分のためにも、クリーニングの必要があるのだと、そう感じました。
行ってみると、そんな悲惨なイメージはなく、人々が必死にこの土地を再生しようと、癒そうとして
いるのを感じました。
だから、ほかのどんな場所よりも、「平和」を意識している場所だと思いました。

f0071844_15455676.jpg


それを象徴しているからか、空はやさしく、なんと言ったらいいのかわかりませんが、
穏やかな、静かな、空気が流れていました。

本当に大変な事だったと思います。
人は、何か辛い事や、大変な経験をしている人のほうが、やさしく、思いやりがあるように思います。
長崎の人々にも、それを感じました。
なんともいえない、やさしい雰囲気と、何かを超えて、立ち上がってきた人々・・・というような。
本当の事はわかりませんが、何か、そんなようなものを感じました。

とにかく、ずっとクリーニングしました。

原爆投下中心地では、子供が元気にボール遊びをしていました。
その後ろでお母さんが祈りを捧げていました。
なんとも、いえない光景でした。。。

浦上天主堂へ行ってきました。
f0071844_15532950.jpg


静かな、穏やかな、中心が定まっていて、ぶれる事のない信念のような、
そんな感じのする場所でした。
なんだか「本気」を感じました。
すごい事だと思います、信じる事を貫き通す信念というのは。

最後に中華街へ。

f0071844_15561663.jpg

とっても、小さいこじんまりとした道です。
京華園に行きました。
かなり美味しかったです!!
大好きな角煮まんじゅうと色々、最高です。

f0071844_1601686.jpg


かなり、内容の濃い旅になりました。
最近は、観光らしい観光をしていなかったので、とっても新鮮でした。
そして、なんだか感慨深い旅でした。

今回は、完全に自分のインナーチャイルドのウニヒピリに導かれた旅でした。
そして、自分の中にある、記憶を消すための。

一つ、私の中に、仲間が増えたような、そんなような感覚があります。
どんどん、自分の外にあるものが、自分の一部になっていっているような・・・。

そして、また、長崎に行きたいな~、と思います!
[PR]
# by one_ness | 2012-04-20 16:08 | 旅行記

お花が咲いた

まだまだ、寒い日が続きますが、
昨日、秋に植えた球根が、花を咲かせました。

アネモネ。
f0071844_11142388.jpg


うれしいな~♪
春が近づいている気がします。

日々、いろいろな事がありますが、
やはり、私たちは、色々なものや人に助けられて、生かされているんだ、という事を
感じるこの頃です。

ありがたい事です・・・
[PR]
# by one_ness | 2012-03-12 11:20 | ひとりごと

気晴らしを☆

2週間ちょっと、島を出ていました。

今年も、去年と同じく、富山の友達に会いに、そして東京と、実家の秋田へ行ってきました。
本当は、新しい場所に行きたいものですが、なんですかね・・・冬は、あまりそうい気分にはなれない
ものです。

とにかく食べまくり!!の旅でした。

富山と金沢では寿司ざんまい。
加賀の温泉で、蟹懐石。
f0071844_16494625.jpg

これで、屋久島に戻っても、蟹を想う事もないだろう!

白山ひめ神社へ行きました。
去年ここでお札を頂き、おうちを一年守って頂きました。
毎日神棚で、菊理姫さまとお話しをしていたので、今年もまたお付き合いをお願いしに
行ってきました。

f0071844_16524197.jpg


屋久島とは、まったく違う、女性的な静かなエネルギーです。
屋久島でバランスをとるために必要なのです。
ここ屋久島で、白山のような全く違う現実を、創り上げていきたいと思っているのです。

秋田の実家では、ずっとクリーニングをしていました。
いまや、私の人生の目的は、ホオポノポノによるクリーニングです。
家族と出会ったのも、そのためだと思っています。
そばにいる人を、クリーニングするのが一番大切な事。。。
離れた家族といられるのは、めったにない事だから。
状況は、少しずつですが、改善されているようでした。
お互いの記憶が消えてきているので、今までのようなおかしな事も起こらないし、言ってこなく
なりました。
お互いに、問題を起こす理由が見つからない、って感じがしました。

家からみえる鳥海山は、本当にきれいです。
f0071844_1722845.jpg
f0071844_1723724.jpg


私は、なんでこの家族と、厳しい自然のこの土地を選んでうまれてきたのだろう?
とふと不思議に思います。
冬の秋田は本当に厳しいです。
気持ちも中々明るくなれませんし、雪に覆われて何もできません。
寒さで体もおかしくなりそうです。
だけど、私の原点にこの厳しさがあるから、この厳しさを乗り越えられたんだから・・・
だから、この先は、何があっても大丈夫なのだ・・・
と、ここに戻ってくると、思えます。

そして、この美しい鳥海山を眺めていたくて、ここに生まれたのだろうか?
そう思います。
私も、この山のように、穏やかで、透き通っていて、やさしくい人になりたいと、毎回思います。
この山はまるで海のようなんです。
屋久島で海を眺めている時と、同じような感覚になります。

今回は、自分の原点に戻れたような旅でした。
旧友に会って、昔から自分を知っている人たちって、本当に大切だな~、と思いました。
色々と、寄り道、回り道をして、また、昔からの友達たちと、心を通わすことが出来たような
気がします。
離れていたときもあったけど、やっぱりまたこうして会えて、そして何も変わらない関係って
ありがたいです。

そして、はるか昔に、自分が取り組んでいた事が、また新たな出来事と身を結びました。
その昔は、ここにたどり着くとは、全く思っていなかったけど、結局そういう事だったのかと。。。
本当に、人生ってどうなるか分からないものです。
でも、いつも思うのは、どんな小さな事でも、無駄な事は何もないって事。

そして、少しずつ、心の故郷に返っていっているような、そんな気がしています。
[PR]
# by one_ness | 2012-02-05 17:23 | ひとりごと
line

’07屋久島に移住してからの「感じる」ことをテーマにした日記。「屋久島の感じる遊び」を紹介しています。


by one_ness
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30